だりブログ

だりブログ

人生はとても短い。「好き」の感度を鈍らせないようにしましょう。

デザインのアイディアが枯渇したとき、上司が私に教えてくれたこと。

ある物件の写真撮影スポットのデザインを考えている。

限られた予算の中でどのようにして形にするか。

アイディアの枯渇に悩みながら私は半分あきらめている。

そんなときに上司がアドバイスをくれた。

 

・立場を変える。

 私は建築設計事務所に勤めているが、建築家としての立場からいったん離れる。

 -グラフィックデザイナーならどうするか?

 -写真家ならどうするか?

 -舞台監督ならどうするか?

 -飲食店オーナーならどうするか?

 -子供ならどうするか?

 etc...

 いろんな立場でアプローチしてみる。

 

 アプローチって。。そんな抽象的なこと言わないでほしい。

 (そこまで手取り足取り教えてもらわないと何もできないのだ。)

 でも何か腑に落ちることを思いついた。

 

 「演じる」のだ。

 せりふが覚えられなくて劇団を1年で辞めた私にとって、台詞がない演劇は

 楽しくて仕方がないはず。

 

 デザインは演じること。

 そう教えてもらった。もう少し自分の手で動かせるようになるには時間がかかりそう     だ。

 

・「ここを見ろ。」と仕向ける。

 写真撮影をすることに焦点を当てている話だが、

 意図した撮影方法を狙う。

 自分が写真を撮影するとき、どのように撮影するか?

 自分が被写体になり、背景と併せて撮影されるか、

 自分が一人でその背景を被写体として撮影するか。

 撮り方は違うかもしれないが、その撮影スポットの使われ方を仕向ける。 

 これも難しい。

 

 でも、少し経って「っは」と気がついた。

 「デザイン」されているものって全てそうなのだな。

 「仕向けられている。」のだ。

 そしてその通りに受け止められるとうれしい。(違っていてもいいけど)

 

 たとえば本もそう。

 最近本を読むことの重要性についてtwitterでみかけたのだけれど、

 (それを話している人のことを全面的に支持しているので共感した面もある)

 読書は対話なのだ。書いた人の気持ち、意図しているところを「こうかな」って考て

 て汲み取る作業。それが本であり読書なのだ。

 だから本もデザインされている。仕向けられている。

 

他にもいろいろゆわれたけど、この2つのことくらいがグサっときた。

後、考えすぎで顔が怖いっていわれたかな。

まあそれはいい。

 

 

ひとりぼっち 土曜日の時間の使い方。

金曜日の夜、旦那の帰宅予定は終電を逃した0時すぎ。

私は試験が終わり、機嫌がよかったので車で迎えに行こうかと提案した。

・・・目が覚めたら旦那がいて、「寒」だってさ。

いつもは逆の立場で翌日はイライラを散漫させている自分をものすごい棚に置いてしまったよ。

 

申し訳なさついでに、次の日の休日出勤は、会社まで送ってった。

 

土曜日は、すごく贅沢な時間だ。

しなくちゃいけないことがない(わけでもないけど、というかあるけど)し、

1日の時間の使い方をものすごく考える。

 

今日のミッションは。。。

・クリーニング

・図書館へ本返す

・卒業設計の続き・・・

(そうです。私は半ば勢いで建築学科夜間部を2年間修業いたしました。

建築を志す人には言いたい。本当に好きでなければ踏み入れてはいけない領域です。

就職前のDIY熱が発症していた勢いで 建築 かっこええやん 的なノリで。

設計事務所の門を叩き、自分を追い詰めるべく(好きになるため?)学校まで通い、2年間を終えました。3月20日卒業予定。

 

そして卒業設計に勤しんでいるわけですが、、、

やる気が全く出ない。どうして。

そうだ。

多分自分の考えたテーマじゃないからだ。

という感じですごく悶々としているわけです。

しかもそれがJIAの学生卒業設計に夜間部代表として出されてしまう。

もうこれは天罰とかしか言いようがない。)

 

とまあここまで( )なのですが。

 

とにかく土曜日は無駄にしちゃいけない感がすごくあって、

効率的な生活を考える。

朝の段階で、私の頭の中の岡山ロードマップに一筆書きがされていく。

でもまあいつもこの通りには行くはずがなくて、

今日なんかは、邪念という邪念が入った。

 

私は足ツボとかふくらはぎもみとかリンパマッサージとか大好きなのですが、

ここ何ヶ月間かのマトモにベットで寝てない自分の毎日を哀れんで、

ちょいとご褒美に行ってしまえ。とマッサージ系を2件はしごをした。

いつも行っているところと、新規のクーポンを利用して一応節約してみたけれど、

世界一周したいから貯金するとか言っている割に金遣い荒いです。

当日予約も「あいてますか!」と血眼で。

来店するときは しれーっと美意識高めなお嬢さんを装って。

 

おかげさまですごく体楽になりました。

 

ってこんなことしてる場合じゃないのに。

卒業設計しなあかんのに。

 

・・・こういう切羽詰まっている感。

自縄自縛なのは、今まで自分をごまかしてたからで、

それは後々 好きと嫌いのこと について書こうと思います。

 

今日はこんなところでブログを再開。

長島愛生園十坪住宅の保存についての報告会。

今日は、長島愛生園のハンセン病患者の住宅として残っている十坪住宅の保存についての調査の報告会があった。

 

私が通っている建築専門学校の先生が技術者として関わっており、その関係で参加することになった。

 

調査についての報告はとても面白いものだった。

 

歴史的な建造物や町並み保存地区などを見て、私たちは「オ〜〜すげ〜〜」と思う。

でもそれは本当にそっくりそのままを保存されているのだろうか。

しかも、それが昔のまま全く近しいものとして再現されていることに「価値」があるのだろうか。

価値があるのは人々が「これこれ」と思うようなイメージ通りのものとしての再現なのだろうか。

何を持って 再現 というのか。

お化粧が上手であっても、素肌はボロボロなのであれば何年か先にはボロが出る。

でも、そのお化粧が上手ということに今の流動的な世の中においては価値があるのだろう。

なんだかそんなことを頭の中で考えて居た。

 

私は店舗の設計事務所に勤めている。

予算があるから仕方がないのだけれど、店舗となるとやはり住宅と違い、

商売繁盛の場所にしなければならない。

 

採算度外視では仕事にならないので、いつも規制の壁紙や床材などからインテリアをコーディネートする。

与えられた付加価値が違うのだから、それはそれで仕方のないことなのだけれど。

 

建築を志す。そう決めてからふわふわしているのはそのせいか。

自分の「好き」が鈍る前にいろいろ考え続けてみる。

岡山芸術交流内覧会。行ってみること。

岡山芸術交流というアートイベントの内覧会に参加しました。

岡山芸術交流についてはこちら(公式サイト)

 

f:id:chickenskin0713:20161009075014j:plain

 

国内外からのいろんな現代アート作品を、上司と後輩とで見て回りました。

岡山駅から少し離れた場所の界隈に集まっていて、

休憩を挟みつつ、じっくり見て回れるには

1日くらい必要かな〜という感じの規模です。

 

f:id:chickenskin0713:20161009075054j:plain

f:id:chickenskin0713:20161009075135j:plain

f:id:chickenskin0713:20161009075201j:plain

 

f:id:chickenskin0713:20161009075350j:plain

 

 

普段、美術館など訪れることがあるのですが、

一人で行くことが多いです。(そんな人は多い筈)

「ほ〜〜へ〜〜〜」という感じで、

なかなか、知識が豊富なわけではないので、

記憶に残るものってインパクト大の物だけだったりします。

(私はいつもそう)

 

でも、今回は途中で気づきました。

一人で作品を見て回るよりも2人(年齢層がある)以上で

見て回るほうがいい。

 

もちろん、「じっくり見て、浸りたい。」気持ちになることもあるし、

相手の時間やペースを気にせずに、一人で見て回りたい場合もあります。

今回は50歳の上司、20代前半の後輩。アラサーの私。

というバランス感覚で芸術の1日を過ごしたので、

とてもファンタスティックな発想がポンポン!と出て、

自分には考えもつかないような新しい視点を発見できたりしました。

 

職業柄、空間デザインをしているためなのもあるかもしれないけれど、

その会話の中身は、作品のことを「理解する」とかではなくて、

ただただその作品を見て、

「私たちならこうする」みたいな会話だったと思います。

 

芸術、特に現代アートはその背景にある物語や意図などが

とてもとても深くてわかりづらいことが多いような気がします。

すべての芸術作品においても言えることかもしれないけれど、

「簡単に素人が玄人の脳みそを解読してしまえるようなものではない」

ということだと思います。

「不可解なのだからプロの仕事」なのだな〜ということ。

 

先入観と固定観念がすべての邪魔をする。

大人になるにつれて経験値が上がると、

「それって大体こんな感じなんでしょ〜」とか頭の中で勝手に

先入観と固定観念が幅を利かせていることが多くなります。

 

これってほんまに人生無駄にしている!

世の中には知らないことばっかり。

その道の専門家にならない限りわからないことだらけです。

自分が予想していることなんて、

大体28年間の間の小さな小さな経験値の範疇でのことでしかない。

と思っていると大体のことは本当に面白い。

 

今まで気づきもしなかったけれど、気が付けば、

格好をつけているだけの自分で、

「自分はわりと何でも知っている。できる方の人」と

勝手に自負しているところがあったことが

いろんな悩みの種だったのだろうなと確信しました。

(この芸術祭でw)

今更何を。。という感じですが、

 

とにかく「謙虚でいること」が大切ということは多く言われますが、

ついつい傲慢になってしまうとき、

「私は何も知らない。」

と思うことでこんな日々面白いんだな〜ということです。

 

最後に

 

最近読んだ本の中でこんな内容があります。

「自分を捨てる仕事術 鈴木敏夫が教えた「真似」と「整理整頓」のメソッド」著者:石井朋彦さん 

 

「自分なんてどこにもいない。自分の中には何もない。何かあるとしたら、それは外、つまり他人の中である。」

 

「自分へのこだわり」を捨てることが仕事をするうえなどで、

とても楽しくなる方法だということを書いているけれど

私にとってはもう一つの意味もあって、

「先入観を捨てる」

そうすると人生はとても楽しい。

ということなんだと思うのです。

 

終わり

不可解なアートが地方にもたらすもの。市民便りと身内感。

こんばんは。

 

帰宅するとポストに役所が発刊しているいつもの冊子「市民の広場」が入っていた。

地域によっていろんな名前をしていると思うが、私が奈良に住んでいた時は

「市民便り」だった。

 

中身は岡山市の財政のことや公民館での活動や、選挙があるよ〜、とか、、そうい

うどこか自分には「関係なさそうな感じ」のことが多い。(選挙は行くけど)

いつもペラペラって見てすぐにポイっとしてしまうのだが(すいません)

今月号には少し目が止まった。

 

 

f:id:chickenskin0713:20161004220605j:plain

 

10月最初の土日から開催されるアートイベントの案内だった。

 

第1回目となるこの現代アートの祭典「development」。

世界中から現代アーティストが岡山の街中に作品を点在させるというものらしい。

主催は岡山の偉大なる経営者 石川社長(ストライプインターナショナル 旧クロスカンパニー)だ。

アパレルブランド Earth music & ecologyは有名だと思う。

 

昨年は「imagineering」と題して、今年の「development」への前触れとも捉えられるアートイベントもあった。

 

冊子の中身はこんな感じ。

不可解なアート作品にびっくりする、中年の一般市民もいるだろう。

f:id:chickenskin0713:20161004220821j:plain

 

イベントでは川沿いを中心にアート散歩ができるようになっているのだ。

f:id:chickenskin0713:20161004220828j:plain

 

他にもおかやま国際音楽祭(こちらは10周年)

f:id:chickenskin0713:20161004221519j:plain

 

その他同時開催の芸術、文化的な活動が1ヶ月間で目白押しなのだ。

f:id:chickenskin0713:20161004221524j:plain

 

 

アートがもたらす田舎のざわつき。 

 

岡山県は田舎である。決して都会ではない。

地域性といえば、災害がなく、気候もいいため、最近では人種のルツボとでも言えるような環境があるみたいだ。

都市から震災の影響で、移住してきている人が多いと聞く。

 

今年は瀬戸内国際芸術祭が有名で、継続的に行われており、全国〜世界から芸術の島に

興味を持った人たちが訪れているが、

10月からのおかやまの街も、一気にアートプロジェクトが街全体を覆いつつある雰囲気で どこか 浮き足立っている ような気がするのは私だけではないはず。

こんな地域って他にもあるんだろうか。岡山って結構特殊なのではなかろうか。

 

田舎の人間は単純だ。

私もそうだけれど、少しオシャレなものを知ると、その界隈の人

たちの仲間入りになった気分で普段の生活もなんだか潤った気分になることがある。

 

現代アートなんて本当によく分からない。

頭が硬くなったおじさんおばさんたちは、この一連の行事を「よく分からん若者たちの

にぎやかし」のような印象として捉えているということもある気がする。

 

でも、待てよ。この冊子が届いて目に止まった時なんか違和感を感じたのだ。

案内の媒体が「市民便り」になったら一気に・・・

魔法がかかったかのように、「寄り添ってる感」が生まれている。

 

現代アートとは何か」という命題なんてのは、もはやどうでもいいのかもしれない。

でも、その「よく分からない何か」で、人が集まってくる。のは確か。

 

いかにして”身内感”をなくすか。

「若者だけのよく分からん集まり」としてのイベントではなく、

街全体が少し 「ハイカラ気分」 に(だって世界のアーティスト作品があちこちにある町に住んでるってだけでちょっとすごいと思う)

 

そして、おっちゃんおばちゃんもちょっと浮き足立っている感じが、10月中感じられ

たら、私だけじゃなくてみんな感じているはず。

そしたら岡山の芸術や文化の意識が高くなって、次の活動にも繋がっていくんだ。

うるさい警笛

SNSで次々に投稿されていく

 

食卓の写真

 

新婚の友人の写真はいつも白くて明るくて何色にも彩られている。

 

スクロールする手を ハッと止めてしまう彼女のセンスはすごい。

 

「食卓を綺麗に撮る方法」 なんて本屋に行って見つけたら 

 

ついやってみようかな なんて

 

思いたつとすぐ、その思いは消えてしまうくらいで

 

私は相当そこらへんの情緒が欠如し始めているのかもしれない。

 

立ちながら納豆 冷蔵庫の扉がピーピー鳴ったまま

 

晩御飯が終わる 切なさ。

 

 

 

メイクしない君。

2010~2014年に更新したブログを読み返した。

 

悩みは全く変わっていない。

 

素晴らしい成長のなさで鼻で笑えた。

 

人に影響されることも変わっていない。

 

 

 

最近友人が2ヶ月バックパック旅行に行くと宣言していた。

 

1年後に1年間世界1周旅行にでも行こうか。と思っていた私は、

 

「あ先こされた。」

 

とかわけのわからない、「やきもき」する心を抑えられなかった。

 

あえてSNSに「お!旅の写真楽しみにしてるね!」とか書こうと思ったけど、

 

やめた。

 

なんでやめたんだ。

 

無理やり関わりを持って、「私の心は一ミリもざわついてないのよ」

 

ってやきもきをグイッっと底に押しやったのかもしれないな多分。